本文へスキップ

国立大学法人等職員のなり方

専門職 仕事

国家公務員 専門職ガイドHEADLINE

国立大学法人等職員のなり方


多様な人材を求める 
採用試験は、全国を7地区に分けて実施。



■詳細情報
受験資格: 昭和57年4月2日以降に生まれた者(平成23年度実績)
試験区分: 事務系=事務、図書。 技術系=電気、機械、土木、建築、化学、物理、電子・情報、資源工学、農学、林学、生物・生命科学。
受付期間: 4月上旬
試験日: 第1次=5月中旬 第2次=7月上旬
試験科目: 第1次=教養(必須、多枝選択式)、専門(「電気」「機械」「土木」「建築」「化学」の申込者のみ、多枝選択式)
 第2次=面接考査等(図書系専門試験は7月上旬別途実施)
試験地: 以下の各市(問合せ先電話番号)
北海道(TEL011-706-2018)=札幌
東北(TEL022-217-5676)=弘前、盛岡、仙台、秋田、山形、福島
関東甲信越(TEL03-5841-2769)=水戸、つくば、宇都宮、前橋、さいたま、千葉、市川、東京都、横浜、新潟、甲府、松本
東海・北陸(TEL052-788-6053)=富山、金沢、福井、岐阜、静岡、名古屋、津
近畿(TEL075-753-2230)=京都、豊中、神戸
中国・四国(TEL082-424-5616)=鳥取、松江、岡山、東広島、山口、徳島、高松、松山、高知
九州(TEL092-642-4321)=福岡、北九州、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄県中頭郡西原町
※第2次試験は原則として各国立大学法人等で行う。
申込者: 全国=45,448人(平成22年)
第1次試験合格倍率: 8.1倍(平成22年度)



外務省専門職員